探偵が業界の噂話や裏話などをこっそり語る探偵業界の総合情報サイト:0からの探偵豆知識

どうしても別れさせ屋を利用したい人は?

やめておいたほうがよいと思える別れさせ屋への依頼ですが、どうしても頼みたい!あの人のことが忘れられない!!というのであれば仕方がないことなのかもしれません。

とりあえず下記の別れさせ屋の選び方を参考にしてもらって、すこしでも変な業者に引っかからないようにしてくださいね。

別れさせ屋の工作期間

別れさせ工作(ターゲットと擬似恋愛)を行う場合、たった一ヶ月で工作終了と なることは、極稀な結果です。

通常であれば、2ヶ月~の工作期間を必要とします。
つまり契約が半月程度の期間であった場合には、後から追加料金が間違いなく発生すると思ってください。

必ず言われます。
「今、工作をやめたら今までの工作が無駄になりますよ!
だから半月でも良いから、契約を延長しましょう。」

その言葉に乗るとまた半月後には、
「もう少しです。後少しで別れさせる事が出来るんですけど…。
契約延長しませんか? 」とね。

別れさせ屋の経費

どういった経費が発生するのか?
発生した場合は、どこまで請求されることになるのか?

別れさせ屋との契約ポイント
「経費別途請求」等と詳細な記述がない契約書や覚書には、絶対にサインしてはいけません。今までのケースから判断すると、このような契約を結んでいるときに、後からとんでもない経費を請求されたというトラブルが多く発生しています。

別れさせ屋の工作状況の確認

『大丈夫です。』、『任せてください。』、『詳細は、企業秘密です。』

・・・なんて事を言う会社は、論外です。

今現在、どういう状況まで進んでいるのか?
また今後どう展開していくのかを親身に説明してくれる会社でなければなりません

『いぃ感じで進んでいますので、契約を延長しましょう!』なんて、営業トークで、ずるずると契約金額を搾取されたという被害も多く聞きます。
具体的な報告・今後の提案の行えない別れさせ屋に関しては、早めに契約の解除を行い消費者センターや弁護士への相談をお奨めします。

成功報酬制の別れさせ屋

着手金は必要最低限の金額であり、別れさせ工作が成功した段階で、残りの金額を支払う『成功報酬制度』がある探偵事務所を選択する方が賢明です。

別れさせ屋』だけでなく『探偵事務所』に依頼する際は、この点をポイントにする事が重要です。 『別れさせ屋』も『探偵事務所』もどちらも、『別れさせ工作』や『調査』というサービスを提供する会社です。

デパート等とは異なり、『物』と金銭を交換するのではないため、『やらずぼったくり』がおこり得るのです。

その点、成功報酬制度を設けている探偵事務所は、成功しないと会社として収入を得ることができないため、工作や調査に取り組む姿勢がより真剣となるでしょう。

別れさせ屋のホームページ

あたりまえのことですが、ホームページはその探偵事務所の『顔』です。
その他の調査項目(浮気調査や所在調査)と同じようにホームページ上に並び、「『別れさせ工作』もやりますよ」と言う探偵事務所よりも、『別れさせ工作』の紹介だけで、しっかりページが作られている探偵事務所を探すべきです。

自分たちの会社はこれくらい『別れさせ工作』に対して、真剣に取り組んでいるんだ!ということの表れです。